貸しおしぼりなどを揃えて飲食店を開業しよう

ポリ袋の販売

ポリ袋の販売価格や流通するサイズ

規格品のポリ袋は、一般的に、1号から20号まで販売されています。 1号のサイズは、縦横7cmと10cmで、業務用は100枚単位で販売される事が多いです。 まとめて購入すると、1枚当たりの価格は1円以下で、ポリ袋を使用する事が出来ます。 最大の20号サイズは、46cmと60cmなので、1号サイズに比べても、様々な用途に使える大きさです。 1枚の相場は、1円を超えてしまいますが、10円未満で購入する事は出来ます。 ホームセンターには必ずある商品で、通販で幅広く取り扱うサイトなら、豊富なサイズから選べます。 丈夫で長く使えるポリ袋は、液体を入れてもこぼれなく、鋭い物で突いても、穴が開かない厚さの商品があります。

ポリ袋に使われる材質の特徴について

市販で販売されているポリ袋は、ポリエチレンや、ポリプロピレンといった、プラスチック樹脂を加工して作られます。 加工方法によって、ポリ袋の厚さを変えたり、軟質な物や、硬質でシワになり難い物があります。 水や液体は通しませんが、ガスは透過するので、密封したつもりでも、表面から漏れ出てしまいます。 多重構造のガスバリア性があるポリ袋なら、気体を入れても漏れ出にくく、臭いも閉じ込められます。 価格は、通常の物よりも金額が高くなる傾向があり、取り扱われる場所が少ない事も、一般向けの製品とは異なる点です。 身近なお店で販売されるポリ袋は、取り扱いの種類が限られ、選べる商品は少ないですが、実際は様々なポリ袋が流通しています。

Copyright (c) 2015 貸しおしぼりなどを揃えて飲食店を開業しよう all reserved.